心筋梗塞・脳卒中を起こす原因のひとつは脂質異常症(高脂血症)

 

脂質異常症(高脂血症)は、中高年に多い健康トラブルのひとつ。

動脈硬化や心筋梗塞などの恐ろしい病気を起こす原因です。

具体的には悪玉(LDL)コレステロールや中性脂肪が多すぎるか、善玉(HDL)コレステロールの値が低くなり過ぎると、この状態にあてはまります。

脂質異常症(高脂血症)の怖いところは、別名ではサイレントキラーと呼ばれている通り、特に自覚症状がないこと。

だから私も、健康診断の血液検査で指摘されるまで、全く気が付きませんでした。

普段から食事の内容には気をつけているし、なるべく車には乗らずに歩く機会を増やすなど、脂質異常症(高脂血症)にはならないように努力もしていたつもりです。

まさか自分のコレステロール値が基準値を大幅に超えているとは思いもよりませんでした。

脂質異常症(高脂血症)の原因

コレステロールは細胞膜やホルモンを作る材料となり、中性脂肪はエネルギー源として使われるため、私たち人間には無くてはならないものです。

しかし多すぎると血管にダメージを与えてしまいます。血管にコレステロールが溜まると厚くなり、血液中に中性脂肪が多すぎると血液がドロドロになります。

すると血液の流れが悪くなるので、心筋梗塞や脳卒中を引き起こす原因になってしまうのです。

脂質異常症(高脂血症)につながる原因には、食事や運動などの生活習慣の他に、喫煙やストレスなども関係しています。

私は生活習慣には気をつけていますし、喫煙者でもありません。

しかし、ストレスだけは避けることは難しいので、サプリメントなども利用し、改善してゆく積もりです。

脂質異常症改善が参考になりました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket